ファイナンシャルプランナーによる資産運用セミナーブログ ~保険・不動産に関する勉強会とご相談~

【住宅ローン金利】固定と変動どちら?

2012年10月31日(水)

最近は住宅を購入されているお客様に対して住宅ローンの相談に乗ったり、
資金計画や返済計画を立てるお手伝いをさせていただいています。


その中で特にご相談されることが多いことについて、
この場でお伝えしておきたいと思います。


今回はまず変動金利と固定金利のどちらを選んだらいいのかという点について。


不動産購入段階では、営業さんから変動金利をすすめられることが多いようです。
私も前職で不動産営業をやっていたときには多くのお客様が変動金利で組んでいました。


主な理由は、
①最近は歴史的に超低金利の時代
②優遇金利が適用されると金利が1%を下回る
③固定金利と比較すると格段に金利が低いので、返済額を抑えられる
という点があります。


それでもやはり固定金利も気になるという方や、
本当に変動金利で大丈夫なのか心配だという方は、
こんな視点で考えてみて下さい。


<どちらが総返済額を抑えられるのか?>
よくありがちな、どちらがお得なのかという論点ですが、
正直に申し上げると、これは誰にもわかりません。
返済期間が長くなればなるほど変動金利は変動する可能性があります。
今後どのように金利が推移するか、ある程度の予測はできたとしても、
確実に言い当てられる人はこの世の中にはいないです。


ですので、お得かどうかという視点で考えるのではなく、
どちらがよりライフスタイルに合っているか、返済計画を立てやすいか
という視点で考えることをお勧めします。


例えば、お子さんがいて教育費負担が大きくなる時期であれば、
当面の支払いを抑えるために変動金利を使うのはアリです。
ただ、変動金利は今後は上がる可能性もありますので、
6年後に返済額が125%増えても大丈夫だというラインで使うべきです。


お子さんがいない家庭で繰上げ返済ができるくらいの余裕がある方でも、
変動金利を使うメリットはあります。
固定金利と比べ1%の金利差は大きいので、低金利のメリットを受けつつ、
終身保険等を使って繰上げ返済資金を貯めながら住宅ローン控除を最大限使い、
住宅ローン控除が終わる10年後に一括返済すると効果的です。


これについてはまた別の機会に詳しくお伝えしますね。

このページの上へ