ファイナンシャルプランナーによる資産運用セミナーブログ ~保険・不動産に関する勉強会とご相談~

住宅取得支援の制度

2012年04月30日(月)

住宅購入には数千万円以上の費用がかかります。

それだけ大きなお金が動きますので、日本経済に与える影響も大きく、
景気対策として住宅取得に関する優遇制度はなくてはならないものになっています。

それに加え、最近では環境に配慮した住宅を特別に優遇する制度が作られるようになってきています。


2012年度の税制改正の目新しいものとしては、
「省エネ住宅(認定低炭素住宅)」についての優遇措置がとられたことがあげられます。

「省エネ住宅(認定低炭素住宅)」とは、二酸化炭素の排出量を抑えることに配慮された住宅のことです。


これに認定されると、住宅ローン控除の控除額の上限が1000万円拡大され、
2012年は4000万円、2013年は3000万円になります。
(従来の「認定長期優良住宅」と同一水準。両者の違いは、「認定長期優良住宅」が建物の耐震性・耐久性・可変性を重視し、省エネ性は一要素だったのに対し、「認定低炭素住宅」は省エネ性に特化したもの)


具体的な認定基準はまだ公表されていませんが、外壁や床に断熱材、窓に複層ガラスを使用して熱効率を上げることや、太陽光発電、蓄電池などの設備も求められそうです。


もちろん、こういう設備のない住宅と比較すれば、初期投資は膨らみますが、
このような住宅が増えていけば、地球温暖化の抑止効果は上がっていくでしょう。


住宅の購入を検討される際には、地球環境に配慮され、税制優遇がある住宅も選択肢に入れていただくのはいかがでしょうか。

日本の現状

2011年12月27日(火)

今の日本はどのような状態になっているのでしょうか。

【少子・高齢化】
出生率の低下により、将来の日本を支えて行く若い世代が減ってきています。
反面、医療技術が進歩したことで、世界一の長寿国になりました。
当たり前のことですが、こうなると税金を払う人が減る一方で、
医療費や年金等の税金を使う人の割合はどんどん高くなっていきます。
今と同じ水準の医療費や年金等を今後も維持するとなれば、
明らかに国の財政を圧迫します。

解決策は、①増税か、②給付を減らすか、①②を同時に行うかです。
現在は、消費税/相続税等の増税や年金の引き上げ等がニュースになっていたりしますね。


【債務超過】
日本政府の借金は、1000兆円近くあります。
日本のGDPが500兆円くらいで、税収は40兆円くらいです。
今年度の予算は90兆円くらいです。
国民の総資産は1400兆円あります。

これはどういうことかというと、こういうことです。
Aさん(自営業)は、毎年の売り上げが5000万円あって、
そこから経費を差し引くと400万円が手元に残ります。
でも、毎年900万円使っています。
足りない500万円はどうしているのかというと、
家族の貯金から借りているわけです。
家族への借金総額は、ついに1億円に達しました。
年収400万円の人が1億円の借金をしているのです。
400万円の25倍が1億円ですので、
収入を全部返済に回したとしても25年かかります
銀行は普通はこういう方には新たな融資はしません。
でも、家族からの借金で家族の貯金はまだ4000万円ありますし、
いきなり返してほしいとも言われないので、
今のところはなんとか破綻せずに済んでいます。

日本は毎年収入の倍以上のお金を使っているのです。
足りない分は、国債という国民からの借金で補っています。
多くは、銀行や郵貯の預貯金が国債購入資金に充てられています。
これがいつまで続くのか。。。
抜本的な改革をしない限り、いつか破綻してしまうかもしれません。

解決策の一つは、お札をじゃんじゃん刷ってインフレを起こすことです。
例えば世の中に出回っているお金が今の10倍になれば、
物価が10倍になり、収入も増える一方、
借金の価値は10分の1になります。
インフレになると、借金をしている人は得をします。
反面、お金を貸している人は損をします。


もしGDPが500兆→5000兆になり、税収が400兆円になったら、
1000兆円の借金も返す目処が立ちそうですよね。
日本は破綻しなくなるわけです。
ただ、預貯金を持っている方は大損します。
今1000万円持っている方は、残高の数字は変わらないですが、
価値は10分の1、つまり100万円の価値しかなくなってしまうのです。
なぜなら、今1万円のものが10万円になってしまうので、
1000万円で1000個買えたものが100個しか買えなくなってしまうからです。

こういう時代になると、今10万円の賃料のところが、賃料100万円!
なんてことになってしまう可能性はあります。

でも、既に住宅を購入し、住宅ローンを組んでいれば、
インフレが起こったとしても毎月の返済額は一定です。
あ、もちろん変動金利は上がってしまいますが。

長くなってしまいましたが、将来のインフレに備えるためにも、
住宅は持っておいた方が良いと考えていますが、いかがでしょうか。

賃貸か分譲かを本気で考えるなら

2011年11月08日(火)

よく住宅情報誌で取り上げられるテーマ「賃貸VS分譲」を考える際に、
見落とされがちな視点があります。


それは、「賃料は今後どのように推移していくか」ということです。


つまり、「賃料は今後ずっと変わらないのか」ということを考える必要があります。


賃貸はその時々のニーズで住み替えることでコスト調整ができるのがメリットです。
例えば子供と一緒に住むときは広い部屋、独立したら狭い部屋に引っ越すというように。


ある住宅情報誌では、50年間の住宅費を賃貸と分譲それぞれでシミュレーションし、
どちらも50年間で7000万円以上かかることになるが、
賃貸の方が30万円くらい高くつくという結果になっていました。


50年間で30万円違うということは、年間6千円位の差ですので、
その程度なら自由がきく賃貸の方が有利だと思ったりしませんか?


しかし、私は一概には比較できないと考えています。


なぜなら、住宅ローンは、特に固定金利であれば支払額を固定することができますが、
賃料の場合は、相場やインフレ、デフレ等の経済情勢の影響を受けやすいからです。


言い換えると、住宅ローンの支払いは自分の意思でコントロールできますが、
賃料は自分の意思でコントロールできない要素で決まっているのです。


30年前の大卒初任給は4万円前後、民間の賃料相場は坪2000円前後、
現在の大卒初任給は20万円前後、民間の賃料相場は坪9000円前後です。


この30年間で所得は5倍になり、賃料もそれに伴い上昇しているのです。


もし30年前に家賃シミュレーションをした場合、
今その通りの結果にはなっていないことは明白です。


5年後、10年後の日本経済や不動産市況がどのようになっているか予想できますか?
もっとその先はいかがでしょうか?


日本の将来像を考えること無しに、賃貸と分譲のコストがどうなるかは判断できません。


また、日本の将来像を考えるためには、今の日本の現状を知っておく必要があります。


次回はその点についてお伝えします。

不動産セミナー終了しました

2011年10月24日(月)

先日不動産セミナーを開催しました。


参加された皆様、協賛していただいたエイムハウスの皆様、その他関係者の皆様、
ありがとうございました。


セミナー終了後には、予定通り家庭用自動掃除機「ルンバ」の抽選会があり、
見事当選された方はみなさんから羨望のまなざしを浴びていました。


自分も抽選に参加したかったです(笑)


今回のセミナーは初心者向けのものでしたが、
日本経済の現状をもとに、賃貸でいくべきか購入するべきかを考えていただきました。


参加された皆さんの感想としては、
日本経済についての話が非常に面白かったという声が多かったです。


セミナーの内容は徐々にアップしていきますので、
お楽しみに。

【ルンバが当たる】不動産セミナー

2011年10月12日(水)

【ルンバが当たる】オシャレカフェでオシャレ勉強会!


10月22日(土)15時より、セミナーをやります。


テーマ【賢い不動産の選び方】
①賃貸と購入、どっちがお得?
②マンションと一戸建ての違い
③中古と新築、どちらがお得?
④住宅選びのポイント


震災前後でどのように変わったのか?
今後の住宅事情はどうなっていくか?


セミナーに参加されると、
こういったことについてイメージを持ってもらえるようになります。


事前の知識は特に必要ありません。


今回は協賛していただいているエイムハウスさんのご好意で、
参加者の方の中から抽選で1名にお掃除ロボット「ルンバ」をプレゼント。


セミナー後の営業もありませんので、お気軽にご参加ください。


▼日時 10月22日(土)15:00~16:00
     【受付開始14:45~】


▼参加費 1,000円
*エイムハウスメンバーは参加費無料
 参加費無料のメンバー登録はこちら
 http://www.aimhouse.jp


▼定員 20名


■開催場所
 東急東横線『学芸大学駅』西口から徒歩5分
 駒沢通りのカフェ“EMPORIO”3F→ studio CAKE
 http://emporio.tv/map.html
 目黒区鷹番3-24-15


☆申込みはこちらから↓↓↓
http://gakudaidai.com/

このページの上へ