MY TOWN MY STORY 家具デザイナー/建築家 北田 たくみ

Interview / MY TOWN MY STORY

  • バックナンバー
  • アイラボ
  • 学芸大学大学プロジェクト 学長のことば
  • 学芸大学大学活動特集!学大ゴミ拾い部
  • 学芸大学大学活動特集!LOVE部アイラボ
  • 学芸大学大学LOVE部 アイラボ YUKKO KEIKO
  • パーソナリティ 深澤 里奈
  • ヴァイオリニスト 末延 麻裕子
  • プロデューサー ボーナス 村山
  • 料理研究家 千原 亜紀

都立大学は、長く付き合いたい街です。

家具デザイナーや住居の建築家として活躍中の北田たくみさん。
2007年に、東急東横線「都立大学」駅徒歩約1分の呑川緑道沿いにオープンしたカフェや花屋も備えたショールームを訪ね、この街を選んだ理由や活動拠点としての魅力などをお伺いしました。

家具デザイナー/建築家 北田 たくみ - Profile -

家具デザイナー/建築家 北田 たくみ

北田 たくみ Takumi Kitada

1958年、岩手県盛岡市生まれ。

通産省の仙台局、本省勤務を退省後、「ゴルゴ13」等の劇画脚本家、地質調査、測量、鳶、ミュージシャン、ライブハウスオーナーなどの職を経験。

1990年に、株式会社のるすくを設立し、広葉樹の無垢材を使用した家具のデザインに従事。
"気持ちのいい場所"をテーマとした店舗や空間デザインを経て、2001年には一級建築士事務所も新設。家具デザイナーと住居の建築家として活躍中。

株式会社のるすくホームページ
新しいウインドウで開きますhttp://www.norsk.jp/

巡り巡って活動拠点を溝の口&都立大学に

プロフィールにもあるような、さまざまなジャンルの職業を経験された北田さんが、20年前に家具デザイナーの第一歩を踏み出したのは、小田急線沿線だそうですね。
家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
北田 たくみさん
自宅マンションが向ケ丘遊園だったので、そこから近い登戸につくったショールームからのスタートでした。
多摩川を越えた神奈川県へは、僕らの仕事を知っている人は訪ねてきてくれましたが、それ以外の人たちにも僕らの仕事を知っていただきたいという発想から、同じ沿線上の成城学園、次は表参道が最寄り駅の南青山と、徐々に東京の中心へ移転。
西麻布にデザイン・設計部も新設しました。
しかし、2000年には、また移転されたそうですが、何か理由があったのですか?

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
ショールームを溝の口に移転し、その4年後には本社とデザイン・設計部も溝の口に合併しました。
再び拠点を神奈川県へと戻したのは、実際に行ってみたら、着飾って遊びに来る人が多い観光地化した南青山は、ちょっと立地が違うと感じたからです。
そういう理由があったのですね。さらにその後のことを教えてください。

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
都心に限りなく近く、闇雲にブランド物を欲しがるのではなく、無垢材の素材感や価値観を理解してくれる元々住んでいる人も、他から移り住んだ人もいて、普段着で過ごしているような街で、地域密着型の店舗展開をしたいと考えたときに、ここだ!と直感したエリアがクリエーターなども多い、都立大学駅付近でした。

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん

交流、季節感etc.・・・エコの感性に応える街

北田さんが選んだのは、都立大学駅から徒歩約1分の呑川緑道のすぐそば。
カフェと花屋も備えたショールームを出して3年目、居心地はいかがなのでしょう?
家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
店の前を掃除していて、道行く人と目が合ったときに挨拶をすると、自然に挨拶が返ってくるような街。
毎年、緑道の桜の新芽が芽吹き、咲き誇り、散るという季節のサイクルも心待ちにできる街です。
一方、フットワーク面についてはいかがですか?

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
僕は車で移動をするのですが、都心は近く、溝の口のオフィスへも第三京浜で約15分。
ここへ打ち合わせに来られるお客様も来やすいですし、帰りに代官山や目黒、恵比寿etc....に寄れるなど、限られた一日の中で、ついでが可能な街。期待以上です。
自分の人生の時間をとても貴重に思うならば、自分が居る場所というのは、付き合う相手を選ぶくらい大事なこと。ここは、長く付き合いたい街ですね。
北田さんはエコに対してはどうお考えですか?

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
住宅や店舗も、家具も、つくっては壊し、また新しくつくることを繰り返す消耗品ではなく、あえてお金をかけてでも、長く使えるものをつくったほうが、無駄がなく、ゴミも減り、結果的に安くすみます。長く使えるもの、続けることがエコ。

お茶もダジャレも出る、長居したくなる空間

エコに対してもそのような持論がある北田さん。そんな感性にもピッタリの街だったのでしょうね。
それでは、今後についてひとことお願いします。
家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん
この家を離れるのが嫌だと思えるような家をつくり続けたいですね。
住まいというのは、自分たち一家を守る箱です。
どういう守られ方をしたいかの答えは一つではないので、お客様と一緒に考え、ナビし、応えていくことが僕らの仕事であり、ロマン。家具や家をつくりたい方に限らず、お茶もダジャレも出るショールームへ(笑)、気軽に遊びに来てください
長居する人も多いという、木の『気』や温もりが体感できる居心地満点の空間。
取材陣も、また足を運びたくなりました。

家具デザイナー/建築家 北田 たくみさん

掲載日:2010年1月31日