MY TOWN MY STORY プロデューサー ボーナス 村山

Interview / MY TOWN MY STORY

  • バックナンバー
  • アイラボ
  • 学芸大学大学プロジェクト 学長のことば
  • 学芸大学大学活動特集!学大ゴミ拾い部
  • 学芸大学大学活動特集!LOVE部アイラボ
  • 学芸大学大学LOVE部 アイラボ YUKKO KEIKO
  • パーソナリティ 深澤 里奈
  • ヴァイオリニスト 末延 麻裕子
  • プロデューサー ボーナス 村山
  • 料理研究家 千原 亜紀

目黒をはじめ城南は居心地のよいエリアです

優れたコンテンツを選出する<TCMアワード2009>で大賞を受賞したショートアニメーション「ヤンス!ガンス! MEAT OR DIE」をプロデュースしたボーナス村山さん。
現在、ホームオフィスを構える目黒や20年近く暮らす城南の魅力、同作品の見所などをお伺いしました。

プロデューサー ボーナス村山 - Profile -

プロデューサー ボーナス村山 ヤンス!ガンス!(MEAT OR DIE)

ボーナス 村山 -BONUS Murayama-

1968年、大阪市生まれ。
横浜市立大学商学部卒業後、「ポストペット」で一世を風靡したSo-netや、自ら「ウサビッチ」を手がけたMTV等でのコンテンツ企画・制作・編成職を経て、2008年、独自キャラクターを起用した日本発のアニメーションなどの製作および世界配給を目的とするボーナス株式会社を設立。

現在は、目黒区目黒のマンションにホームオフィスを構える。

CHECK!!

ヤンス!ガンス!(MEAT OR DIE)

2匹のおバカなハラペコ恐竜が繰り広げる、
オリジナル短編アニメーション活劇
新しいウインドウで開きますhttp://meatordie.com/

2010年4月下旬よりアミューズメント施設の
クレーンゲーム用景品にヤンス!とガンス!のぬいぐるみが登場!!

(c)BONUS.CO.JP

20年近い城南暮らし。今は目黒川近くに居住。

エイムハウスタイムス もっぴー
大阪市出身の村山さんが、大学入学後、首都圏で初めて住んだ街は
どちらだったのですか?

プロデューサー ボーナス村山さん
ボーナス 村山さん

横浜市金沢八景にある大学の近くの桜木町、磯子、黄金町などでした。
社会人になって最初に住んだのが、渋谷区笹塚。

実は、転居歴がすごく多く、今のマンションが15軒目くらいですが、初台、神宮前、大田区馬込や千束、品川区戸越など、城南を離れたことはないですね。
エイムハウスタイムス もっぴー
という20年近い城南暮らし、取材に訪れた目黒区目黒のマンションは、ご購入後にリノベーションされたそうですね。
プロデューサー ボーナス村山さん

水辺が好きなので、桜並木もある川沿いで、眺めがよく、駅からも5分という立地で選んだ築約38年のマンションをスケルトン状態にし、建築家の方とアイデアを出し合いながら楽しくホームオフィスづくりをしました。

ずっと無駄だと感じていたデッドスペースをなくし、空間が広く使えるようになったので、満足です。毎年、桜の季節には、ここで花見パーティーもします。

プロデューサー ボーナス村山さん

プロデューサー ボーナス村山さん

4線利用可の交通の便や周辺環境もGOOD

エイムハウスタイムス もっぴー
居住環境はいかがなのでしょう?

プロデューサー ボーナス村山さん

最寄りの目黒駅は、電車が4線利用できるのでとても便利です。
飲食店も充実していますが、利用客は目黒に住んでいるか、働いている人がほとんどで、店のサービスやコストパフォーマンスもよく、和やかな雰囲気を感じます。

すぐ近くに24時間営業のスーパーがあるのも便利ですね。
エイムハウスタイムス もっぴー
こんな新たな発見も。

プロデューサー ボーナス村山さん
好きな街の一つの中目黒へは電車で行くという感覚でしたが、目黒川沿いを歩いて行けましたし、恵比寿も徒歩圏内。それが意外で、さらに住みやすさを感じました。
エイムハウスタイムス もっぴー
もし、次に引っ越すとしたならどちらがいいですか?

プロデューサー ボーナス村山さん

城東エリアも良い店が多く、人情もある魅力的な街なのでしょうが、住んだことがないため、勝手がわかりません。

もし何か不満があれば、すでに他のエリアを探していたのかもしれませんが、20年近くも住み、居心地のよさを実感し、勝手もわかっている城南。この先も離れないでしょうね。

「ヤンス!ガンス!」で笑って、リフレッシュを

エイムハウスタイムス もっぴー
冒頭にも記した通り、村山さんは「ヤンス!ガンス!」でグランプリを受賞。
起業後の記念すべき第一作となりました。作品の特徴と見所をおしえてください。
プロデューサー ボーナス村山さん

以前、海外ゲームの日本語化の仕事をしたときに、直訳しても全然、面白くならないという経験をしました。となれば、日本の会話劇の面白さを海外の人に伝えるのも難しいはずです。この作品は、台詞なしの1話90秒完結。

人類が地球外へと脱出し、草食恐竜の楽園と化した未来のニューヨークを舞台に、最後の肉食恐竜であるヤンス!とガンス!の二匹が獲物を求め、あの手この手で失敗するという現実離れしたストーリー。

皆様には、音楽を聴くようにテンポを楽しみながら、バカさ加減を笑い、すっきりリフレッシュしていただきたいですね。ゴールデンウィーク頃から露出が増えるので、もし街で見かけたらぜひ応援してやってください。
エイムハウスタイムス もっぴー
百聞は一見にしかず。
まずは公式サイトへGO!! そんな村山さんの夢は?
プロデューサー ボーナス村山さん

国境を越え、少しでも多くの方に作品を観ていただきたいですね。

私が目標としているのはポケットモンスターですが、日本が世界に誇れるモノの1つであるコンテンツ産業で新しいヒットを生むことで、ジャパン・ブランドと市場を活性化し、それが次の世代へのエールになればいいな...と願っています。
エイムハウスタイムス もっぴー
と、壮大。これからも城南発の話題作を次々生み出し、世界中を笑いとリラックスモード満開にしてくれることでしょう。

プロデューサー ボーナス村山さん

掲載日:2010年3月31日