happys NEWS Vol.2 なるほど「住宅ローン」Vol.1

happys NEWS

  • バックナンバー
  • 城南の「住トレンド」チェックVol.3 建築条件付売地
  • 緊急速報!! 2010年が住宅取得のチャンス年!!
  • 新春特別企画 大切なお金の損得の分かれ道
  • 城南の住トレンドチェックVol.2
  • 城南の住トレンドチェックVol.1
  • スタート!
  • 住宅ローン vol6
  • 住宅ローン vol5
  • 住宅ローン vol4

「住宅ローン」という言葉をよく耳にしますが、人生で初めて、家を買おうと考えている方の多くは、その概念がよくわからないのではないでしょうか?
住宅ローンとは、住宅用のための土地や建物の取得や、リフォームなどに必要な資金を、住宅を担保にして貸付けることです。
今号から数回にわたり、住宅ローンについて、わかりやすくお教えいたします。

「住宅ローン」について

Check1 住宅ローンの種類

エイムハウス いっぴー
住宅ローンってどんな種類があるの?

エイムハウス もっぴー

住宅ローンは、「民間ローン」と「公的融資」の大きく2つに分類されるよ。(下表参照)

 

種類

取り扱い機関

金利タイプ

特徴




| ン
民間金融機関の住宅ローン 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、モーゲージバンク(住宅ローン専門の金融会社)、
JA、一部の生命保険会社など
変動金利型&
固定期間選択型
が主流
土地や建物を購入する人の年収や勤続年数、勤務状況等をチェックし、返済能力などに応じて、融資額や返済条件が決められます。
インターネットを使って、店舗&人件費を抑え、低金利で提供する会社も出現するなど、競争が激化。
独自に金利優遇キャンペーンを実施する機関もあります。
フラット35 民間金融機関と
住宅金融支援機構が提携
返済期間15年以上~35年以下の主として長期金利固定型。一部2段階も有。 かつて住宅ローンの主流だった「住宅金融公庫融資」が平成19年3月に廃止されたあとに、前記に代って登場。
民間金融機関が窓口となり、公的機関である住宅金融支援機構のバックアップが受けられます。
取り扱う金融機関によって、融資額や金利が異なります。
※このローンについては、次号で、民間ローンと比較しながら詳しくご紹介。

公的
融資

財形住宅融資 住宅金融支援機構 5年ごとに変動
する5年固定型
一般財形貯蓄や財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上続けた方が対象等の条件があります。
70歳未満(リフォーム融資は79歳未満)まで、親子リレー返済をする方は、それ以上の年齢でも申し込みが可能です。
フラット35や財形貯蓄以外の同機構の融資との併用もできます。
エイムハウス いっぴー
他にも、県や市、町などの自治体が住宅融資や融資の補助を行う、公的融資があります。その内容は、自治体ごとでさまざまです。
さらに、社員に対して、住宅に関する「社内融資」を独自に実施している企業もあります。

Check2 金利3タイプ

エイムハウス いっぴー
じゃあ、金利タイプってどんな種類があるの?

エイムハウス もっぴー

大きく分けると「固定金利型」「変動金利型」「固定期間選択型」の3種類に分類されるよ。 どのような違いがあるのか見てみよう!

 

メリット

デメリット

固定金利型

全期間の金利を固定
固定金利型 ◎借り入れ時に、返済期間全体の返済額が確定できるので、生活設計が立てやすくなります。

◎低金利のときに借りた人は、将来まで低金利で返済することができます。
◎借り入れ後に金利が低下しても返済額が変わらない。

◎変動金利型・固定期間選択型と比べて、金利が高めに設定されています。
変動金利型

一般的に、年2回金利が見直され、返済額は5年ごとに見直し(返済額の増加は上限25%)
変動金利型 ◎高金利のときに借りた人は、将来、金利が低下したときには、返済額が減ります。 ◎借り入れ後に金利が上昇すると、返済額が増えます。
金利が急に上昇した場合、返済額が5年間見直されないため、金利上昇に伴って増えた利息が元金にプラスされるケースもあります。

固定期間選択型

一定期間の金利を固定し、期間終了後に返済額を見直し(返済額の増減は上限なし)

固定期間選択型 ◎3、5、10年などの金利が固定される一定期間中は、返済額を確定できます。

◎固定期間が終了したあと、申し出により固定期間選択型か変動金利型を選択できるケースもあります。(事前に借入先に確認しましょう)
◎固定期間終了後は、その時点の金利が適用されるのですが、返済額の見直しには上限がないため、返済額が確定しない。
エイムハウス あっぴー
短期間で完済したい僕みたいなタイプは変動金利型かなぁ・・・?
住宅を購入する時期の金利動向だけでなく、将来にわたる一家のファイナンシャルプランを考えながら、どれを選ぶかを検討することが大切なんだね。