購入者インタビュー「品川区旗の台 Iさん邸」

購入者インタビュー

  • バックナンバー
  • 代田
  • 北千束
  • 南雪谷
  • 世田谷
  • 世田谷
  • 太子堂
  • 西馬込
  • 西蒲田
  • 西蒲田

妥協できないことも、案外受け入れられるものです

品川区旗の台に一戸建てを購入されたI様。購入のきっかけやアドバイスをお伺いしました。

品川区旗の台 物件概要

品川区旗の台 Iさん邸

所在地:品川区旗の台
家族構成:ご夫婦
間取り:3LDK
建物構造:木造地上3階建
用途地域:近隣商業地域
土地面積:42.52m²(12.86坪)
建物面積:86.08m²(26.03坪)
築年月:平成16年2月
最寄駅:徒歩1分

▼写真左:
明るい日差しが入る西側の大きな窓が自慢のリビング
▼写真右:
築5年ときれいな状態でのお引っ越しになりました。

マンション探しから一戸建ての購入へ

以前は大田区長原の賃貸マンションにお住まいだったI様。
マイホームを購入されるきっかけは何だったのでしょうか?
Iさん
会社の家賃補助が切れてしまうこともあり、賃料を払うなら、その分ローンを支払い、資産として残るマイホームを購入しようと思いました。
当初はマンション物件を探していたのですが、長原近辺のマンションは戸建と比べて割高のように思え、徐々に戸建へと移行していきました。
仕事場である品川へのアクセスの良さや周辺環境、駐車場といった、必須条件に合う物件がなかなか見つからなかったそうですが?
今年の一月から探し始め、何件も物件を見て回り、少し行き詰まりと疲れを感じ始めていました。
そんな時、偶然五反田で無料住宅情報誌を目にし、長原に近い旗の台に、良い物件があると知りました。
そしてその日のうちに電話をかけ、翌日に案内してもらったのが、今の家だったのです。
良いと思った物件が中古戸建でしたが、中古物件ということに抵抗はなかったのでしょうか?
これまで沢山物件をみてきましたので、ある程度の相場は分かるようになり、その中でもこの物件は安く価値があると感じました。
もちろん中古ということもありますが、実際に中を見学しても、とてもきれいでしたので抵抗はありませんでした。

品川区旗の台 Iさん邸

品川区旗の台 Iさん邸 室内の様子
▲新たに壁を作ろうとリフォームを考えているメインフロア
品川区旗の台 Iさん邸 室内の様子
▲3階のロフト部分
(※今回掲載した室内写真は全てご入居前の状態です)

当初探されていたマンションではなく、戸建を購入されて良かった点はありますか?
これまで、実家以外では戸建に住んだことがなかったので、自分で戸建を所有するというイメージがあまり湧きませんでした。ですが、将来的にまた住み替えることを考えると、「マンションから戸建」よりも、「戸建からマンション」に住み替えた方が、資産価値から考えても住み替えがよりスムーズかなと思い始めました。
それに、内装や間取りなど、全て自分の自由に出来る戸建に住むのもいいなと。
この家も、購入後のリフォームまで計画をしたうえで購入を決意しました。
3階のロフト部分を取り除いたり、2階に新たに壁を作ったりなど、今はまだその途中段階ですが、今後がとても楽しみですね。
実際に住まわれてみて、住み心地はいかがでしょうか?
駅から1分でこの静けさと陽当たりは希少ですね。
ちょうどリビングにも3階の部屋にも陽射しがど真ん中に入ってくるので、洗濯物もカラッとすぐ乾きます。
また、これまでよりも通勤時間が短縮されましたし、さらに、以前住んでいた賃料よりも今のローンのほうが低く押さえられているので嬉しいですね。

目で見て確かめて視野を広げる

最後にI様が思うマイホーム探しのコツを教えてください!
とにかく家は沢山見に行くといいですね。なぜなら、視野が広がるからです。
これだけは譲れないというこだわりがあることは勿論大切ですが、実際に見てみると妥協できないと考えていた点も、実は受け入れられたりするものです。
現に私がそうでした。中古戸建なんて絶対無理だと考えていたのが、物件を見てみると意外ときれいで問題なく思えたり、駅に近すぎるのは電車の音が気になると心配していたのが、家の中に入ってみると実は全く気にならなかったりと。
また、一般的には西日は暑いと敬遠されがちですが、部屋の中の明るい時間が長くて有効的だったりと、意外と受け入れられることも多いのです。
なので、たくさんの物件を見学し、視野を広げてみることをお勧めしますね。

掲載日:2009年9月23日