購入者インタビュー「大田区東雪谷 Nさん邸」

購入者インタビュー

  • バックナンバー
  • 代田
  • 北千束
  • 南雪谷
  • 世田谷
  • 世田谷
  • 太子堂
  • 西馬込
  • 西蒲田
  • 西蒲田

準備は入念に、決断は素早く。こだわりのマイホーム暮らし。

大田区東雪谷 物件概要

大田区東雪谷 物件概要 Nさん邸

大田区東雪谷の土地を購入されたN様。
購入の経緯やアドバイスをお伺いしました。

所在地/大田区東雪谷
家族構成/ご夫婦とお子さま2人
間取り/4LDK
土地面積/114.61㎡(34.66坪)
専有面積/110.90㎡(33.54坪)
建物構造/木造2階建
用途地域/第一種低層住居専用地域
完成年月/平成21年8月

▼PHOTO左:
ウッドデッキからの眺望
▼PHOTO右:
レンガ張りの玄関前にて

いつか買うなら今の若いうちに

東雪谷の賃貸マンションにお住まいだったN様。
いつ頃からマイホーム探しを始められたのでしょうか?
大田区東雪谷 N様
Nさま
約1年前から探し始めました。探し始めの頃は、この先4~5年で購入するだろうと考えていたので、ほとんど相場を知るためだけに物件情報を見ていました。
そのうち、いずれ必ず購入するのであれば、今でも5年後でも比較すると何一つ変化がないと思うようになり、次第に真剣に探すようになりました。
その1年の間に地価がかなり下がったということも理由の一つですが、購入時期が早まれば早まるほど、住宅ローンも若いうちに完済できますしね。
購入に向けて物件探しを始められたわけですが、こちらの土地にはどのように出会われたのでしょうか?

大田区東雪谷 N様
もともと東雪谷に住んでおり、子どもの学校のこともあるので、ずっと同じエリアの物件を探していました。
1年間で、資料300件、現物20件ほど見学し相場感がついてきた頃、インスピレーションに会うこの物件に出会いました。
駅からも近く、子どもの学区域が同じで、広さ、価格、陽当りと想定している条件を全てクリアーしている上に眺望良好の条件までついてきました。
そこで、早速案内してもらい、半日で仮契約、翌々日には契約の判を押しました。

将来に残る土地に好きな家を建てる

現物をご覧になってから仮契約まで、約半日という短時間でご決断されたので、数ある区画の中でもより良い区画を先に押さえられたそうですね。
大田区東雪谷 N様
それまでの間に、建売住宅や土地、住宅展示場に足を運んだり、住宅ローン減税の情報を集めるなど、購入に備えての準備を済ませておいたことが良かったですね。
そのおかげで、前提条件と優先順位を整理出来ていたので、富士山を望む陽当たり良好な区画に一番乗りできました。
また、土地の購入と建物の打ち合わせも平行して行っていましたので、その後の建築段階も比較的順調に進んだと思います。

窓や床にもこだわったリビング
▲窓や床にもこだわったリビング
可愛らしいカーテンの子供部屋
▲可愛らしいカーテンの子供部屋

ホテルライクな壁紙の主寝室
▲ホテルライクな壁紙の主寝室

陽当り良好なウッドデッキ
▲陽当り良好なウッドデッキ

建売住宅やマンションではなく、土地を購入されたのは何故でしょうか。

大田区東雪谷 N様
都内や城南エリアに、専有面積30坪以上、間取り4LDkのマンションが少ないことや、小さな子供がいるのでマンションでの騒音問題を回避したいと考えていました。
また建物は壊しても、土地は将来も残ります。この先、担保にして他の場所に家を建てることも、子どもに譲ることも可能ですので、土地を所有することは資産形成になると考えていました。
そして、建物は自分の好きな家を建てようと、建売ではなく輸入住宅に決めていたのですが、当初は更地を見てもイメージが湧きづらかったですね。そこで、自然と間取りが頭に入ってくるよう、27坪用、30坪用と各パンフレットを沢山集めました。

素早く決断するその為の情報収集

最後に、これからマイホームを探される方にアドバイスをお願いします。

大田区東雪谷 N様
良い物件が出たときに、早く決断できるよう情報収集をしておくことが大事だと思います。
物件の価格以外にかかる諸費用を箇条書きにしてリスト化することもそうですし、図面を見たときにイメージできるよう、数多くの物件に触れ、多面的なアドバイスをもらえる人に出会うこともお勧めします。
不動産会社に案内してもらう中でも知識を身に付けられますし、難しいと思いがちなローンや税金のプランニングも、総合的に3ヶ月程度で情報整理できると思います。
そして、予算から逆算して前提条件を導き出し、譲れない条件や要望と、そうでないものの基準付けをすることが、マイホーム取得への近道となるのではないでしょうか。
N様のように、良い物件に出会えたときに即決できるよう、事前に前提条件と優先順位の判断軸を持って、要望を確立されながら、マイホーム探しを進められるといいのかもしれませんね。

掲載日:2009年12月29日